インプラントの定着

インプラントの期間について

インプラントが骨に定着するまで

インプラントは、歯を失ったところに行う治療です。骨にチタンを埋め込み、その上にセラミックの人工歯をかぶせることで、自然な噛み心地と見た目を回復することができます。埋め込む際には、簡単な手術が必要になりますが、日帰りで行われる内容です。インプラントのチタンが骨に定着するまでには、数カ月という期間が必要になります。その間は、仮歯を作ることもありますが、最終的なセラミックを作ることはなく、きちんと定着するまでの待つ期間が必要になります。状態によって期間は変わりますが、3~6カ月ほどかかるのが平均になります。

インプラントが定着するまで

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込む歯科治療です。人工歯根はチタンでできており骨の組織と結合します。個人差がありますがしっかりと結合するまでには、約3か月から6か月ほどかかります。また、歯周病などで歯槽骨が吸収されて少なくなっていた場合は、人工骨の再生治療をインプラント埋め込み手術の時に行うので更に定着までの時間がかかることになります。患者さんは特に気を付けることはありません。カルシウムをたくさん摂った方が良いのかと思う方もいらっしゃると思いますが、定着の速さとはあまり関係しないと言われています。

インプラントの定着の情報

新着情報

↑PAGE TOP